包茎手術は下半身にコンプレックスを持つ男性陣におすすめ

包茎手術は下半身に、個人的なコンプレックスを持つ成人男性におすすめです。下半身の悩みは数あるコンプレックスの中でも特にデリケートな問題となります。それこそパートナーの方々にもカミングアウトし難い悩みでしょう。勃起した状態になっても、包茎のままだと見た目が少々不格好です。亀頭が露出せず、常に包皮に包まれている状態だと、成人男性のそれに見えず、男らしい印象になりません。下半身に自信が持てず、パートナーとのナイフライフが楽しめない、そんな方々に包茎手術はおすすめです。

包茎のままだと、いわゆる早漏の状態になりやすいのも欠点です。包皮が常に亀頭をガードしているため、ペニスは常に外部からの刺激に弱いままとなります。短時間で射精に至れば、パートナーをがっかりさせかねません。また男性自身が早漏に強い劣等感と情けない感覚を抱き、セックスに嫌悪感を持ってしまう恐れもありますので、早漏克服のためにも包茎手術は重要です。

カントン包茎や真正包茎の方々にこそ包茎手術は大事

仮性包茎の場合だと、一応自力で包皮が剥けます。亀頭を露出させる事が出来れば、性行為は普通に可能です。お風呂に入る時も仮性包茎の男性なら、ペニスを全体的に綺麗に出来ます。一方でカントン包茎や真正包茎の場合だと、亀頭を自力で綺麗に剥く事が困難です。痛みや不快感を強く覚え、亀頭を露出出来れば、ペニスを綺麗に洗えず、そこに異物や恥垢が蓄積します。汗や皮脂汚れなどが包皮に溜まりやすく、梅雨から夏場にかけては強烈な悪臭を放つのが欠点です。

異物や恥垢が蓄積したペニスは、悪臭を放ち女性にストレスを与えかねません。清潔感を重視する女性は、そういった理由から包茎男性との性行為を避けます。せっかく素敵なパートナーが出来ても、下半身が不衛生なままでは、次のステップに行けません。そのままでは、常に異物や恥垢が蓄積しやすくなり、精神的なコンプレックスだけではなく実際に下半身の体調不良を誘発しますので、カントン包茎や真正包茎の方々は手術を前向きに思案しなければなりません。

まとめ

包茎は男性の自尊心を傷つけるコンプレックスとなります。勃起しても包皮がきちんと剥けなければ見た目がやや不格好であり、パートナーから指摘される可能性大です。包皮がきちんと露出しないと早漏が誘発されやすく、セックスが普通に楽しめません。さらにカントン包茎や真正包茎の方々だと包皮に異物や恥垢が普段から蓄積しやすい状態になりやすいです。悪臭を放つペニスは女性に避けられやすく、また下半身の健康にもマイナスです。